ノウハウ

効率良く動画編集を行うための方法 特集記事

この記事では、動画編集を効率的に行うための詳しい手順や使っている編集ソフトなどについて説明しています。

動画編集方法と使っているアプリの紹介

アドビのpremiere proという動画編集ソフトを使用しています。プロ仕様なだけあって慣れると非常に使いやすく、サクサクと作業が進みます。

関連リンク:premiere pro公式ページ

素早く編集するコツは、撮影の段取りにあり!

なるべく編集の手間がかからないで済むように、極力前後のトリミング、空白部分のカットだけで済むような撮影方法をすることが重要です。

画面のトリミングや文字の差し込みすらも要らないような工夫を

これまで500本以上の動画を編集してきましたが、編集に一番時間がかかるのが、

  • 文字、キャプションの挿入
  • 写真やイラストの挿入
  • アニメーションを付ける

などの作業です。短期間で効率よく大量のアウトプットを行うためには、これらの作業が極力要らなくなるような撮影の仕方をすることが肝心です。

モザイクや文字の入れ方

しかしながら、チュートリアル動画を作る関係で、どうしても画面にモザイクやぼかしを書けたり、文字で補足をする必要があるシーンも発生するかと思います。

その場合の対処方法について、premiere proの例で解説しています。

写真やイラストの挿入方法

同様にこのやり方についても解説しています。とっても簡単で、要した画像ファイルをドラッグ&ドロップするだけで挿入ができます。

編集した動画の書き出し作業

一通り編集が終わったら、動画ファイルを書き出します。

premiere proの場合は、10分の動画を3本に分割して、3本一気に動画を書き出すことが可能です。そのやり方を解説しています。

まとめ

以上、premiere proを活用した動画編集方法について解説させていただきました。

実際に使っていく中でいろいろと不明な点もあるかと思いますので、もし質問や疑問があればお気軽に、動画のコメント欄に書き込みいただければと思います。

動画編集方法をまとめたyoutubeの再生リストに移動する。

関連記事

総合案内所に戻る

premiere pro公式ページ(外部リンク)