ノウハウ

効率良くコンテンツを大量生産するために必要な思考の整理方法

ぐちゃぐちゃに散らかりやすい頭の思考を上手に書きだすには、次の3つの手順を使うと非常に効率が良いです。

  1. マインドマップというツールを使って、一旦全ての思考を書きまとめる
  2. 改めて今回のターゲット・コンセプトを見つめなおす。
  3. その人に必要な情報以外は捨てる

そのための必要な手順を次の通り解説します。

ここからは、動画を使って説明させていただきますので、興味関心の高いところからご覧ください。

1.マインドマップというツールを使って、一旦全ての思考を書きまとめる

そもそもマインドマップとは何か?使うとどんな良いことがあるのか?

マインドマップの使い方、簡単な使用例

2.改めて今回のターゲット・コンセプトを見つめなおす。

ターゲットやコンセプトの絞り方

3.そのターゲットに必要な情報以外は捨てる

書き出した情報のいる・要らないの分別の考え方

実例を見せながらレクチャー。生かしたもの

捨てたもの

番外編:アナログで思考の整理を行う手順

まとめ

この手順を踏むことで、

  • 頭の中の情報がいったんマインドマップ上に整理され、全体を俯瞰できる
  • 要る・要らない・・・発信すべき情報とそうでない情報が分別できる
  • 今後コンテンツを創っていくべきものが明確になる

こうした嬉しいメリットがあります。

頭の中がすっきりするだけでなく、制作時間の見積もりもかなり正確に行うことができます。これがあるだけでかなりのストレスから解放されると思います。 是非できるところからトライしてみて下さい。

すっきりした地図ができたら、次は短期間で大量にコンテンツを創っていきましょう。その方法についてはこちらの記事で解説しています。

参考リンク

実際にレクチャー動画で使われているマインドマップソフト「xmind」をダウンロードする

短期間で大量にコンテンツを創る方法

総合案内所に戻る